ABOUT

寳月堂について

寳月堂は二○一七年に創業一○○年を迎えました。私たちの店舗を構える丸亀は、美しいお城、穏やかな瀬戸内海、豊富な文化施設に恵まれ、多くの方々の支えの元、今日まで伝統を繋いでまいりました。
今を生きる私たちは、十年後、二十年後、三十年後の丸亀に、どんな人・もの・ことをつないでいけばいいのでしょうか。丸亀の自然・文化・歴史と結び合いながら営んできたこれまでの暮らしを、どう考え、何を次世代につないでいくことが望ましいのでしょうか。
私たちは、そんなふるさと丸亀を愛し、地域に根差し、そして、丸亀・香川・四国の魅力をお菓子に想いを乗せて伝えていける会社を目指しています。嬉しい時も、懐かしさを思い出す時も、そして日常も、お菓子が常にみなさまの話題の中心となる和やかな時を願い、今日もお菓子をお作りしております。

ご挨拶

私たち寳月堂の社屋は明治から戦前にかけて建築された3軒の建物で構成されております。
店舗として使用しております北側の白い漆喰がまぶしい建物は最も古く、明治31年の建築です。
2017年に柱や梁など、骨組みを残したまま改築。先代が住居として使用していた2階の部屋を全て繋げ、和菓子教室の会場としてみなさまをお迎えしております。
木造3階建ての中央の建物は、大正7年に建築。昭和6年の増築により洋風建築と町屋風建築が融合する建物となりました。1階は製造工場として使用し、2階は地域のみなさまの交流の場としてお使いいただけるよう、模索しております。スパニッシュ瓦や、スクラッチタイルが目を引くこの建物は2017年に文化庁の登録有形文化財となりました。
2階部分の北東側には、暖炉のある洋間、漆喰細工の天井と、舶来の壁紙が美しいホールがあります。それとは対照に、建物南西側は、座敷や茶室で構成された、なんとも不思議で愛着の湧く造りとなっております。
南側に位置する昭和6年建築の建物は、黒漆喰が目を引く町屋風造り。二段構えのうだつが特徴です。当時の防火設備として造られたうだつは、丸亀城から丸亀港に抜ける街道だった歴史を感じさせてくれます。今でも、工場として使用している建物の安全を見守っています。
 
昭和30年頃の店内
現在の店内



店舗情報

御菓子司 寳月堂(ほうげつどう)
〒763-0004 香川県丸亀市米屋町16
TEL:(0877)23-0300 / FAX:(0877)23-0301
営業時間 本店 :9:00〜18:00 水曜日のみ〜17:00
共用駐車場あり

本店内かき氷店
営業期間 GW頃~9月末頃(カレンダーにて確認をお願いします。)
カレンダーはこちら >
営業時間 10:00〜17:00

電話での注文・お問い合わせは営業時間内にてお願いいたします。